忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


JEFF BECKきたら次は~ JEFF BECK!

今回は 
JEFF BECK GROUP の 「オレンジアルバム」 (通称)

BECKっち、本人はともかく周りのメンバーがカッコイイんよね~

まずはドラム!
コージー・パウエル!
彼は一般的にメタル・ハードロックドラマーとして有名で、その時期が
一番人気がありますが、自分にとっては断然このアルバムのプレイですね!

Ice Cream Cakes
ハイハット・スネア・バスドラのシンプルなセッティングから繰り出されるリズム!
冒頭のリズム聴いただけで、いかに彼が他のドラマーと違った感性を持っていたかが
わかりますね~ それにしてもハイハット! ピシピシっとシバキ倒す!





Glad All Over・Sugar Cane
ありゃ~YOUTUBEに音源ない・・・

この2曲完全にキーボードのマックスミドルトン主導権やな~
そこに自由気ままなジェフのギターが責任感なく切り込んできて
カッコいいんよ~  またボブ・テンチの歌声が力強くてセクシーなんよ!


で、そのマックスミドルトンのエレピが冴え渡ってる曲~
Highways





この曲いつになくイントロからジェフのギターは斬れてますな~!カッチョイイ!
しかしエンディングのマックスミドルトンのエレピ!アウトフレーズしていく
メロディーは完全降伏です!


この人のプレイ聴いてロックバンドのエレピの重要さ気づいたな~

アホみたいに派手に弾きすぎずに印象付けるソロから
トゲのある突き刺さるコード感!自分の中では3本の指に入るほど好きやな~



あとの二人は
JAMIROQUAIトビー・スミス
アースウインド&ファイヤーラムゼイ ルイス
スティービーワンダー

オリジナルラブ
木原龍太郎

名前あげだしたらキリがない・・・
一般的にキーボーディストってあまり評価されてませんが
ここにハマるとホント色んな音楽の旅に出れるんですな~


ロイエアーズ!この人も忘れちゃイカン!



そしてやっぱりJEFF!
Definitely Maybe




いつになく真剣に弾くジェフ!と思いきや、ヤッパリソロになるとキッチリ弾かずに
思いつくまま、感じるままに弾いてますね~ 

ギターソロキッチリ弾かなかったり、ピッキングミスがあれば途中で止めたり~
こんなプレイヤー他にはいませんな~ 

って事でまだまだJEFF BECK続く~








PR
ジミーペイジきたら次はJEFF BECK!

世間では3大ギターリストと言って~

エリッククラプトンジミーペイジジェフベック!
この3人がヤドバーズを経てきたからかな?

で、ジェッフベックほど色んな顔を持ってるアーティストはいない!

自分がハマったのは当時新日本プロレスのメインテーマに
使われてた曲聴いてからです~ 「Star Cycle」って曲です~

アルバム名は 「There and Back」

このアルバム、ジェフベックを初めて聴く方にはホントお勧めです!
まず何よりメロディーが分かりやす!ジェッフベック、はまって行くと
わかるんですが彼のメロディーセンスは一筋縄じゃ行きません!

このアルバムは分かりやすいメロディーにこだわったんやろな~

The Pump



このアルバムで一番好きな~
Too much to lose


メロディーがホント良いな~なんか宇宙空間感じるんよ!


そして圧巻なのがドラムで参加したサイモンフィリップス!

バスドラ叩く振動でハイハットが鳴ってる感じで
スピード感とテクニックと何よりパワーが凄い!
Space Boogie!!!


エンディングに行くにしたがってこのドラミングは!!!
何やスピードも速くなってるんかな?何や分からんけどスゲー迫力!

で、普通のギターリストならこのギターソロなんかは
「タダ音階並べただけの超フルスピードピッキング音外さないスケールソロ・・・」

で弾き倒すんやろうけどジェッフはリズムの間を切り込んで
手数少なくスリリングに絡んできます!

ここがジェッフベックの真骨頂やろね~


このアルバム、ロックやらギターやら超越してメロディーの良いアルバムや!
是非夜聴いてください!絶対宇宙空間に飛べるで~!

って事で「JEFF BECK」第一弾終了~









中学3年生!当時はまだ80‘S(ポップス)しか聞かない
洋楽リスナーでした~ そんな自分に友達が
LOUDNESSラフィンノーズ
持ってきました!  そこからが自分にとってのロックの入口!


LOUDNESSについてはイズレ書くとするが、ココから一気にヘビーメタル
坊主頭高校生になっていくんよな~


OZZY・JUDAS・MAIDENとにかくメタルずくしの毎日!メタルって単純なカッコ良さが
あるもんね~カッちょ良いリフに、ハイトーンボイス!ピロピロ速弾きギター!・・・ 

ところがある日近所のお兄さんが
LED ZEPPELIN「Ⅱ」
Black Sabbath1stを持って来ました!

こっからが本当の音楽の入り道やったな~今思うと!

で、何はさて置き
ZEPPELIN!!!

このバンドにはホント度肝を抜かれました!
ギターがカッコイイのは勿論、ベース、ドラムがヤバイ!


ジョンポールジョーンズのベースはホント天下一品です!
 
 「LEMONSONGS」って曲の中盤これ程グルービンでカッコイイベース
聴いた事ありまへん!リズムに突っ込んだりモタッタリ、
とにかく「間」が素晴らしい! そしてとめどなく溢れるネタの雨アラレ!
いったどこから湧いてきたんやろか?もう溜息しか出らん!


これもYOUTUBEにUPしてる方が
沢山いますがホントに弾きこなしてる方殆どいませんな・・・・・
要は突っ込んだりモタッタリが出来ないんよ~
数字だけで間を計る輩には!



当然ドラムもね~やばいですね!ジョンボーナムのドラムは周りの空気感が
伝わるっていうか自然なリバーブが効いてるんか分からんけどドカドカ
叩くわりにはちゃんと「間」があって大好きですね~


こんだけ凄いリズム隊の演奏に完全勝利のジミーペイジのギター!
高校生の自分にとって初めてブルースを意識したギターでしたね~
またロバートプラントとのスキャットに合わせての演奏は無敵です!


で、ダルイブルースプレイをブチ壊して行く盛り上がり!
高揚していくギター!いやバンド!何度テンションが上がった事か!!!


「What Is and What Should Never Be」

この曲もホント素晴らしい!!!
やっぱりベースが飛び出とるな!いやいやバンドの一体感やな!




このタイプの曲をかけるって事がヤッパリ他のバンドと一線を引けた
理由やろね~ ただのハードロックバンドじゃない!って!

メタル好きの周りの友達は古臭い!って一蹴されましたが・・・


このアルバム「超」が付くほど有名ですが
大半が
Whole Lotta Love・Heartbreaker・Moby Dick
なんですが何度聴いても上記の2曲や!

って言ってもこのアルバム本当に全曲素晴らしい!

是非一家に一枚のアルバムです!

自分にとっては棺桶に入れる一枚や!!!










Ventures  ・ CARAVAN

エレキギターと言えばベンチャーズ!


日田に帰って来て初めてのバンドは仕事関係の
オッチャン達に囲まれた
ベンチャーズバンドでした~


ウチの親も大好きなんですの~昔携帯のメロディー
自作出来る時
ベンチャーズにしてくれ!って嫁さんに
頼んでた位ですから~勿論パイプライン!

この年代の方はホント好きですね~


で、
ベンチャーズ勿論曲は知ってましたが!ってCMで使われる有名曲の
15秒程度・・・しっかりとコピーしたのはこの時が初めてでした~

まっテープ渡されて聞いてみての印象は・・・ダサイ・・・


と思って渋々コピーしてるうちに~ これが~良い!


で、
ベンチャーズって簡単そうなんですがコレがまた!
しっかりコピーしようと思うとホント難しい!!!  イヤホント!



ベンチャーズのコピーやってる方は沢山いますが
大半がコピーして弾いてるだけ・・・弾きこなしてない!
って方が多いですね~  ま~自分の事はさて置き・・・


で、いつかやってみたい曲として
CARAVANを狙ってました~

この曲イントロ聞いただけでもうゾクゾクしてきますね~

で、コピーしてみてやっぱり難しい!特にイントロ!
ここに全てがかかっちょる!テーマ部をいかにソリッドに弾くか!


勿論ギターソロもスピード感出して難しいんですがヤッパリイントロ!
そしてサイドのリズムギターのこれまたカッコイイこと!!!


この曲ギターソロをスケール音並べるだけでココぞとばかりに
無茶苦茶速く弾き倒す方がいます!が、大半が
鬼気迫らないイントロ・・・  ココ絶対大事やん!!!

ミュートも強弱も無くサラッと弾き流すって感じかな?~

自分はこういった所に重点を置いてこれからも
ギター弾いていきたいの~  それにしてもムズイ! そして楽しっ!



 


spinning toe hold ・Creation

この曲はファンク兄弟(全日本プロレス)の入場曲でした~
小学6年生の時タイガーマスクの出現でドップリプロレス少年でしたね~

学校の休み時間と言えばプロレスゴッコやったな~
今思うと音楽を意識したのはプロレスのテーマ曲集やな!
まだ存在を知らない
ZEP「移民の歌」を後に知ることになるんよ~お!ブロディーの!って

余談やけど当時カセットテープが主流で録音機械なんて無かったので
車のカーステレオで再生して息を殺してカセットレコーダーを
抱えて録音したもんです!今思うと凄い光景やな・・・


で、このバンドは3ピースなんでギターインストでわりと簡単に弾ける!
がテーマでした~ このわりと簡単ってのが味噌!

課題曲を探していたらこの曲思い出し30年ぶりに聴いてみると
これがま~ドンズバでした!

ま~出来るだろうと簡単に思ってましたがコレがムズ!!!

イントロの後のギターメロディーこれがスピード感があって
チョーキング~プリング~チョーキングビブラート・・・

確かにこの曲イワユル速弾きピロピロギターリストのプレイから
したら速くはないです! 

 ただ気づかないとイカンのは「一瞬の速さ!」
自分の好きなギターリストを思い浮かべると

ず~と速く弾き続けるんじゃなくてゆっくりしたプレイの中に
一瞬の間を抉り取るようなフレーズ!これが鬼速い!
これが出来んとどうも様似ならんのよね~

いわゆる弾いてるだけで弾けて無いって感じかな~


そしてこの曲に決めたもう一つの理由はチョイファンキーなカッティング!

カッティングする時はチョイトギターのボリューム下げて~
歪を抑えて~ソロになるとガットボリュームUP!

中盤のギターソロはリアピックアップでガッツリ行く~
テーマ部はフロントピックアップでチョイ甘く~太く~

ギター本体で音を変えて行くやり方は
「CHAR」を知ってしまってからですね~
って憧れてしまうと訳分からずにやりたくなるもんですよ~

見様見真似から入って行くミーハー根性・・・

その内理由に気付くもんです~そして深みにハマってく~

って事でスピニングトーホールドです!









このページは自分の為の物なんで偶然入って来た方には何にもオモロくないページなんだ~

んな訳で個人的に後から記憶を辿るそんなページなんですわ~


DEEP PURPLE ・  LAZY


じゃ~まずは「DEEPPURPLE」「LAZY!」 この曲はPURPLEで一番好きやな~

とにかく指先のタフさが要求されます!

1フレット・クウォ-ターチョーキング~ 3フレットのチョーキング!

指先死ぬる・・・ 気合い入れて行かんとチョーキングピッチが下がって

気持ち悪いチョーキングに・・・



またクウォ-ターチョーキングのカッコよさ!

一般的にこのチョーキング忘れ去られがちです!

この曲はド・イントロからクウォ-ターチョーキングのオンパレード!

やけどココを決められるかどうかで差が出て来るもんやと 勝手に思ってます~ 

ココのカッコよさに気づいたらピロピロギターリストには 全く目がイカンくなったな~
ピロピロ君って空間をピッキングで塗りつぶしますやん・・・

んな中でも勿論好きなギターリストはいますが!





因みにこの音源はライブ前日の演奏で自分の中では合格点やな~


ただライブ当日の弾きこなせんプレイは・・・封印するほど散々やったな~



LAZYはオリジナルも良いけどマシーンヘッドライブは鳥肌もんです!

リッチーの目を合わせてのイントロやりなおし~

03:05~はホントヤバイ!

ここはホントニヤッと しますよ!ってリッチーどんだけ崩すねん!

ほしてどんだけ成立させとるんかい!またリッチーの音が素晴らしい!!!





 
       

 



> カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
> フリーエリア
> 最新CM
[02/10 うめ]
[02/08 〇だ]
> 最新TB
> プロフィール
HN:
梅野勝宏
性別:
男性
> バーコード
> ブログ内検索
> P R
> カウンター
> アクセス解析
> カウンター